オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは

オールセラミッククラウンむし歯の治療で歯を削った際、詰め物やかぶせ物をして治します。
その素材として、金属やプラスチックを一切使わず、白い透明感のある陶材「セラミックス」のみを使用したものです。
材料の光透過性や透明感を調整することで、非常に自然感が出るのが特徴です。

◆ オールセラミッククラウンの名前

  • インセラム
  • クリセラ
  • プロセラ
  • ラバ
  • イーマックス

金属を使用しないので光の透過性が高く、天然歯のように自然です。

ファイバーコア【 ファイバーコアについて 】

ファイバーコアとは、グラスファイバーという特殊な素材でできた、歯の土台のことです。
歯の土台とは、いわゆる差し歯をつくる際に必要不可欠なもので、神経の治療後、土台を作ってからクラウン(かぶせもの)を制作します。

オールセラミッククラウンのメリット・デメリット

メリット

  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない。
  • 汚れが付きにくい。
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い。

デメリット

  • 保険外の治療なので、自費診療になります。
症例

治療前 正面

オールセラミッククラウン

治療後

オールセラミッククラウン

治療後 正面

オールセラミッククラウン

治療後

オールセラミッククラウン

治療後

オールセラミッククラウン

治療後

オールセラミッククラウン

治療後

オールセラミッククラウン

治療後

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンTOPへ